イタリアを旅しながら出会った現地の人々、お店、風景、食文化などを私的観点から紹介。
by tattica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Trattoria al ragu'
ホームページ
Trattoria al Ragu'

Copyright 2015-
Trattoria al ragu'
All Rights Reserved

Copyright 2007-2011
Caffe' Verde Domani.
All Rights Reserved

お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 06月 11日

カフェ・サン・カルロ

私は北部ではミラノとヴェネツィア以外は訪れたことがなかった。
トリノは世界的にも有名なコーヒー焙煎社が多く、イリー、ラヴァッツァ、ヴェルニャーナなど、日本でもお馴染みのメーカーが競い合っている。

カフェに関して大雑把に言えば南はナポリ、北はミラノかヴェネツィア、
そしてここトリノ。

これまで何度もくどいくらいに書いていますが、イタリアでカフェの聖地といえば、ナポリ!
武骨で逞しく豪快、強面のイメージが強いが、実はお茶目で人情味溢れるナポリ人、ここは私の中では揺らぐことのないサンクチュアリです。

そのナポリ好きの私から見ても、トリノのバールは素晴らしい。
トリノをはじめその周辺地域及び、フランスやスイスなども統治していたサヴォイア家は、絶大な富と権力でそれらを支配していた。
その影響を色濃く残すこの街のバールはもはや、サロン・ド・テ。

私個人の感覚からすれば、トリノのバールはスマートで優雅な気品溢れる店が多い。そして、憚らずに言えば、北と南の気質の違いなのかもしれません。

さて、そのトリノの最初に紹介するバールは、下の写真サン・カルロ広場に面する一角にある老舗の”カフェ・サン・カルロ”。このアングルで右に振り向くとあります。
f0135721_22220222.jpg

               こちらが入口。
重厚な扉を開け、写真でしか見たことのない空間へ一歩、足を踏み入れる!
f0135721_22215353.jpg


入った瞬間、気圧された!豪華という言葉だけでは言い尽くせぬ何か。        圧倒的存在感の千手観音の様なシャンデリアと、ピッカピカに磨き上げられ、  曇りひとつない鏡にこちらの心を見透かされている様で落ち着かない。
f0135721_22213628.jpg
以前紹介したペルージャの”カフェ・サンドリ”とはまた違う威圧感!あちらは小さな店内ですが、こちらはとにかく広い。その広さ故に光が放射状に満ち溢れていて、神々しさを感じます。
f0135721_22214610.jpg
    8:30、朝のバールでは必ずどこに行ってもパンの誘惑が・・・。
f0135721_22212988.jpg

トリノ初のカフェは、カプチーノ! 想像以上に濃厚で、フォーミングも丁寧。  もしかするとトリノのカフェは、私好みのバールが多くあるナポリに近いかもしれない! なんか期待が大きくなってきた。
f0135721_22212390.jpg
このカップ欲しいが、流石にここでは「このカップ下さい!」とは、      言えないので、写真を撮らせてもらいました。
f0135721_22211763.jpg

黒のスーツに黒のネクタイで、ビシッと決まっていたバリスタ、ここでバリスタとして働いている誇りとプライドが、一つひとつの所作に表れていました。
f0135721_22211066.jpg


[PR]
by tattica | 2017-06-11 00:35 | トリノ
2017年 05月 28日

トリノ、冬の朝はかなり暗い。

我々が借りたアパートは、ポルタ・スーザ駅から徒歩3分の便利な地域ですが、
朝6:30の街はまだ眠りの中のように全く人気がなく静まり返っており、街灯だけが元気よく煌々と灯っていました。
f0135721_22593324.jpg
ならば駅前はどうかと思い行ってみたものの、大通りにあるバールも1軒も開いていませんでした。それにしても空が暗い。
f0135721_22592625.jpg
ポルタ・スーザ駅は小さな空港の様な建物で、ガラスの外壁と吹き抜けの空間で、昼間は明るく開放感があります。その写真はまた後日改めて上げます。
f0135721_22591689.jpg
       7:30ようやく近くのパン屋さんが開店し、早速朝食!
f0135721_22585292.jpg
     この手前のロールパンのパニーニも作りたてで美味しかった。
f0135721_22582911.jpg
 ここは種類が豊富で、特にクロワッサンなどのパイ生地系は焼立てのサクサク。
f0135721_22581993.jpg
ビスコッティなどの焼き菓子もしっかりあります。
ヨーロッパの人達は、朝からこれらとコーヒーの方もいますが、私は無理ですな。
f0135721_225885.jpg
店内のこの窯から次々とパンが焼かれショー・ケースに並ぶので、視覚も刺激されついついもう一個食べたくなるループ・マジック!
f0135721_22573828.jpg
さて、お腹も満たされたので、本格的にトリノの街の散策に出掛けよう。。。AM7:50
f0135721_22563286.jpg

[PR]
by tattica | 2017-05-28 00:00 | トリノ
2017年 03月 02日

アマルフィへ行く前に・・・。

とにかくイタリアは、何処に行ってもバールはあります。(嬉しい限りです。)
切符売り場の横にバールがあり、どうしようかと思ったものの、恐らく中にもあるだろうと予想し改札を抜けると・・・やっぱりあった!
しかも朝の通勤時間帯の一番忙しい時、おっちゃん達が群れてますわ。
f0135721_2314745.jpg
グラッファ(揚げドーナツ)も旨そう顔して手招きしてるし。
イタリアの揚げドーナツは様々な形があり、手前の馬蹄形をクロスさせたようなもの、クリーム入りのもの、日本でもお馴染みのリング型などなど。
まぁ、どれもグラニュー糖がたっぷり掛かってて、ムッサ甘いです。
f0135721_2313946.jpg
このバリスタ、かなりやります!無駄な動きがなく、常連客の好みを全て頭に入れ、客が来たら先にカップに砂糖を落とし、好みの甘さにして提供する。
後はお客がスプーンで混ぜるだけ!この提供の仕方、自分でもやりたい!!!
f0135721_2311348.jpg
あっという間に5~6人のカフェを入れ終え私のカフェを丁寧に入れてくれました。
f0135721_231231.jpg
お世辞抜きで、すごく美味い。
こういうバリスタに出会うと、本当に幸せな気分に私はなります。
この列車を利用する事があれば、絶対にここで飲むことをお勧めします。
f0135721_2305230.jpg
「今からアマルフィに行くので、帰りも寄ます。」
「気を付けて、良い旅を!」
「ありがとう!」
f0135721_2304088.jpg

[PR]
by tattica | 2017-03-02 23:45 | ナポリ
2016年 07月 13日

Pasticceria Sandri 追記

前回の記事の中でカフェとチョコレート系のドルチェがお勧めと書きましたが、
写真を忘れておりました。下の写真がそれぞれのドルチェです。
右端手前から、アンティカ・ペルージャというチョコレートのケーキ、その横はカフェとチョコのクリームを使ったもの、その横はカフェを生地にしっかり染み込ませたもの、スポンジをチョコレートでコーティングしたもの。
上の段の丸いのは、チョコレートのトルタ(タルト)、その右端はサックサクの生地の林檎のパイ。などなどその他にも多数。
f0135721_23391282.jpg

シャンデリアの写真もあったので、折角ですから。
ここのシャンデリアはどっしりとた存在感と気品が漂う。アクリル装飾のイミテーションとは違い、本物のガラス・シャンデリアの光は、優しく、それでいて光に
心地良い重みを感じます。
f0135721_23385214.jpg
因みにこの”サンドリ”開業が1860年ですので、150年以上前から営業しています。
しかし、イタリアのバールの中には200年超のバールもザラにありますので、ここサンドリでさえも今だ中堅と言ったところでしょうか。
これからも歴史を重ね、更に魅力を増してゆくと思います。また訪れたい。
[PR]
by tattica | 2016-07-13 23:48 | ペルージャ
2016年 07月 08日

Pasticceria Sandri

以前から機会があれば訪れたいと思っていた店の一軒。
ローマ・テルミニから地下鉄でティブルティーナへ行き、そこからバスで約二時間半、中世の面影を色濃く残す街ペルージャ。
日本では元サッカー選手の中田英寿の移籍先チームとして知る方も多いでしょう。
その街の目抜き通りにあるパスティッチェリア・”サンドリ”。表から見るとどこの街にもあるケーキ屋さん兼バール。しかし店に足を一歩踏み入れるとそこは?
f0135721_22301438.jpg
奥に長く伸びる店内の左右にある年代物の飾り棚と、否が応でも目に入るドルチェがたくさん並んだショーケース。
目を上げると高さが優に4メートルはあるアーチ型の天井と、これまた存在感が半端無いシャンデリア、そして天井にはフレスコ画!
f0135721_2230223.jpg
この店一軒だけでもチョットした美術館に匹敵するほどのオーラを放っています。
これらを自分の眼で見たいが為にここに来た。溜め息と憧れ、この街のシンボル的なこの店に少しの嫉妬?を抱いたのも事実。
f0135721_22295350.jpg
さて、ここのバリスタとバール・マンは、男性も女性も落ち着いた色の赤いブレザーに黒のパンツというスタイル。
年配の女性バール・マンも威厳と自信に満ちていて、カッコいい!
f0135721_22294458.jpg
ここは女性スタッフが多いようで、私が行った時は全て女性。
こちらの若いバリスタも非常にキュート、またこの髪型がとても似あっていた。
私が注目したのはエスプレッソ・マシン、大抵この地域ではハンドル式ですが、
ここはローマ以北ではあまり見かけないナポリ・タイプのレバー式。隙が無い!
味もしっかりしていて標準的なウンブリア圏の味より苦みがあって美味しかった。
f0135721_22292786.jpg
そして忘れてならないのがドルチェ!老舗だけあって地元でも大人気!
焼き菓子も昔ながらの伝統菓子が中心。どれも試したくなること間違いなし。
f0135721_22291639.jpg
   タルト類も数多く、これがまたドンドン売れていくから凄いわ!!!
            だいたい一個€2~€5です。
f0135721_2229511.jpg
でも私のお勧めはチョコレート系とコーヒー系、どちらも唸らせる味です。
ここに住んでいたら間違いなく、毎日足繁く通う。
そして全種類制覇するやろ~な~。絶対するな!自信あるわ!
f0135721_22285530.jpg
店頭に飾ってある直径25㎝程のホール、今なら端からかぶり付ける!
f0135721_22284445.jpg
上の白いドルチェはメレンゲ仕立て、下のかわいいヘビの様な形のものは、恐らくブッチェラートという名の固いパン。
f0135721_22283678.jpg
この様な落ち着いた雰囲気の街並みで、どこまで行っても中世の薫りが漂います。
f0135721_22282691.jpg

[PR]
by tattica | 2016-07-08 00:46 | ペルージャ