イタリアを旅しながら出会った現地の人々、お店、風景、食文化などを私的観点から紹介。
by tattica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Trattoria al ragu'
ホームページ
Trattoria al Ragu'

Copyright 2015-
Trattoria al ragu'
All Rights Reserved

Copyright 2007-2011
Caffe' Verde Domani.
All Rights Reserved

お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 06月 11日

カフェ・サン・カルロ

私は北部ではミラノとヴェネツィア以外は訪れたことがなかった。
トリノは世界的にも有名なコーヒー焙煎社が多く、イリー、ラヴァッツァ、ヴェルニャーナなど、日本でもお馴染みのメーカーが競い合っている。

カフェに関して大雑把に言えば南はナポリ、北はミラノかヴェネツィア、
そしてここトリノ。

これまで何度もくどいくらいに書いていますが、イタリアでカフェの聖地といえば、ナポリ!
武骨で逞しく豪快、強面のイメージが強いが、実はお茶目で人情味溢れるナポリ人、ここは私の中では揺らぐことのないサンクチュアリです。

そのナポリ好きの私から見ても、トリノのバールは素晴らしい。
トリノをはじめその周辺地域及び、フランスやスイスなども統治していたサヴォイア家は、絶大な富と権力でそれらを支配していた。
その影響を色濃く残すこの街のバールはもはや、サロン・ド・テ。

私個人の感覚からすれば、トリノのバールはスマートで優雅な気品溢れる店が多い。そして、憚らずに言えば、北と南の気質の違いなのかもしれません。

さて、そのトリノの最初に紹介するバールは、下の写真サン・カルロ広場に面する一角にある老舗の”カフェ・サン・カルロ”。このアングルで右に振り向くとあります。
f0135721_22220222.jpg

               こちらが入口。
重厚な扉を開け、写真でしか見たことのない空間へ一歩、足を踏み入れる!
f0135721_22215353.jpg


入った瞬間、気圧された!豪華という言葉だけでは言い尽くせぬ何か。        圧倒的存在感の千手観音の様なシャンデリアと、ピッカピカに磨き上げられ、  曇りひとつない鏡にこちらの心を見透かされている様で落ち着かない。
f0135721_22213628.jpg
以前紹介したペルージャの”カフェ・サンドリ”とはまた違う威圧感!あちらは小さな店内ですが、こちらはとにかく広い。その広さ故に光が放射状に満ち溢れていて、神々しさを感じます。
f0135721_22214610.jpg
    8:30、朝のバールでは必ずどこに行ってもパンの誘惑が・・・。
f0135721_22212988.jpg

トリノ初のカフェは、カプチーノ! 想像以上に濃厚で、フォーミングも丁寧。  もしかするとトリノのカフェは、私好みのバールが多くあるナポリに近いかもしれない! なんか期待が大きくなってきた。
f0135721_22212390.jpg
このカップ欲しいが、流石にここでは「このカップ下さい!」とは、      言えないので、写真を撮らせてもらいました。
f0135721_22211763.jpg

黒のスーツに黒のネクタイで、ビシッと決まっていたバリスタ、ここでバリスタとして働いている誇りとプライドが、一つひとつの所作に表れていました。
f0135721_22211066.jpg


[PR]
by tattica | 2017-06-11 00:35 | トリノ
2017年 05月 28日

トリノ、冬の朝はかなり暗い。

我々が借りたアパートは、ポルタ・スーザ駅から徒歩3分の便利な地域ですが、
朝6:30の街はまだ眠りの中のように全く人気がなく静まり返っており、街灯だけが元気よく煌々と灯っていました。
f0135721_22593324.jpg
ならば駅前はどうかと思い行ってみたものの、大通りにあるバールも1軒も開いていませんでした。それにしても空が暗い。
f0135721_22592625.jpg
ポルタ・スーザ駅は小さな空港の様な建物で、ガラスの外壁と吹き抜けの空間で、昼間は明るく開放感があります。その写真はまた後日改めて上げます。
f0135721_22591689.jpg
       7:30ようやく近くのパン屋さんが開店し、早速朝食!
f0135721_22585292.jpg
     この手前のロールパンのパニーニも作りたてで美味しかった。
f0135721_22582911.jpg
 ここは種類が豊富で、特にクロワッサンなどのパイ生地系は焼立てのサクサク。
f0135721_22581993.jpg
ビスコッティなどの焼き菓子もしっかりあります。
ヨーロッパの人達は、朝からこれらとコーヒーの方もいますが、私は無理ですな。
f0135721_225885.jpg
店内のこの窯から次々とパンが焼かれショー・ケースに並ぶので、視覚も刺激されついついもう一個食べたくなるループ・マジック!
f0135721_22573828.jpg
さて、お腹も満たされたので、本格的にトリノの街の散策に出掛けよう。。。AM7:50
f0135721_22563286.jpg

[PR]
by tattica | 2017-05-28 00:00 | トリノ
2017年 05月 24日

寒いの?トリノ!

2017年1月2日、年が明けて2日目の朝、イタリア北部2006年に冬季オリンピックも開催された街“トリノ”カゼッレ空港に到着。

今年1月北半球の各地は寒波に見まわれ、ここトリノも相当寒い事を覚悟の上現地に降り立った。
現地時間18:00、新年という事もあってか、早い時間にもかかわらず殆んどの港内店舗は閉まり、発着の人達だけが忙しなく移動していた。

荷物を持ってエスカレーターを降りて来るとここに出て来ます。
市内へはSadem社のバスが便利。空港からポルタ・ヌォーボ駅とポルタ・スーザ駅を結ぶこのバスは30分間隔で早朝から深夜まで走っており、終着までは約50分。
f0135721_19421045.jpg
エスカレーターを降りた右手にSadem社のこの看板があるので、ここの券売機で
バス・チケットを購入。一人€6.5、10歳以下は無料。
f0135721_1942016.jpg
下写真がチケット。乗車時に車内の刻印機に通すと、写真の様に右上一部が切り取られ、時刻が刻印される。(下から2段目02.01.2017 18:27)
f0135721_1941512.jpg
空港内は暑いくらい暖房が効いていたが、一歩外に出ると空気が冷たく肌が痛い。バス停は券売機横のドアを出た真ん前、迷うこともなし。
外は既に真っ暗だが、トリノという初めての街、大いなる期待で目先は明るい!
f0135721_19413754.jpg

[PR]
by tattica | 2017-05-24 23:38 | トリノ